六覺燈とは

六覺燈とは
 
 ・・・「美味いを越えて美味いな」と、五感を越える 「六」

 ・・・「そういうことか」と膝を打つ 「覺」

 ・・・「ああ、ほっとするな」の 「燈」
 
 
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五つの「覚」に
作り手のセンス「感覚」を重ね「六覚を大事にする」との教えから来ております。
作り手の灯す明かりの下へ多くの人々が集う事を願い「灯」の文字から始まり、
初心を忘れず、燈(灯火)を消さない事を誓い「六覺燈」と名付けました。